のぼり旗の活かし方

献血活動

献血活動を行う時にのぼりでアピールすることで、献血に対しての協力者を増やすことができます。

医療の向上のためには、多くの方に献血してもらう必要があるものの、
通常の生活を送っている限り積極的に献血しようと考える方は少ない状態です。

協力を得る

多くの方に献血をしてもらいたいとき、のぼりを設置することにより、
活動について知らせることができるのです。

のぼりを設置しておけば、献血場所を通りすぎる方にもアピールすることができ、
健康状態に問題がない方は、協力してもよいと考えるでしょう。

知らせる

また、移動献血車を利用する場合にも、車の付近にのぼりを設置することで、
献血が行われていることを知らせる効果を得ることができます。

普段どこで献血を行うことができるのかわからない方も、のぼりがあることで献血に協力してくれますし、
献血に協力してもらった後に今後の活動についてお知らせすることで、継続的に協力してもらえる方を
増やしていくことができます。

呼びかけられると引いてしまう人も、のぼり旗を見ることで
案外前向きに考えてくれることもあるかもしれません。

そのため、のぼり旗に入れる言葉は慎重に選ぶことが大切だと考えられます。
主張が強くなりすぎないように、協力してほしい気持ちを汲んでもらえるような
デザインを考えることで、1人でも多くの協力者に来てもらうことが
できるでしょう。