のぼり旗の活かし方

郵便局

寒くなりはじめると、年賀状の準備をする人も多く、予約をする人も増えてきます。
年賀状は、お世話になった人に感謝の気持ちを伝えたり、仲の良い友達や親せきに
来年も引き続きよろしくお願いしますという気持ちを伝えたりと、一年の始まりにふさわしい
日本らしい年中行事です。

機会が少ない

また、遠く離れてなかなか会えない人と、お互いの無事を伝えあい、幸福を祈る素敵な習慣でもあり、
年賀状のやり取りだけで何十年も関係が続いているという話も良く聞きます。
最近ではSNSで簡単に挨拶を済ませてしまうという風潮も見られるようですが、
やはり手書きで心のこもった年賀状をもらえる方が受け取った側の気持ちが
大きく違ってくるのは当然のことでもあり、できるだけ多くの人に
年賀状の購入を促したいという気持ちが郵便局としては強いでしょう。
わかりやすい

そんな郵便局にはのぼりがたくさん立ち、予約受付を知らせることが多く
たくさんののぼりを見て早く書かなくちゃという気持ちになる人や、
年末が近くなったことを感じる人がたくさんいます。

のぼりは、たくさんの人の目に触れ、伝える効果が高いので、おすすめです。
郵便局だけではなく、人の集まるスーパーや駅などで予約受付をしていたり、販売していることがありますが、
ここでものぼりが活躍しており、良く目立つのぼりが看板の役割を果たしています。

元々書く気持ちが弱かった人でも、粋なデザインののぼり旗を見て購入に前向きになることも
考えられますので、のぼり旗はこういった場面でも有効活用できるのです。