のぼり旗の活かし方

神社ののぼり

祭りや初詣の時期には、のぼりが立っている神社が多く、雰囲気があります。
神社にはのぼりというアイテムが非常にマッチしますから、とくにそういった
祭事の時に立てられているのぼり旗というのは、日常で使われるよりも
一層役割を発揮しているように感じられます。

地元

また、有名な神社では、いつものぼりが立っていて、神事の活気を感じるものです。
地域にも根付いており、地元の風景として愛されている神社には
白くて縦に細長いのぼりが多いものです。

のぼりは、昔から神事や戦の時に使われ、願いをたくし、
気持ちを高めるグッズとして使われてきました。


たくさん立てることで遠くからでも良く目立ち、伝えたい事や
知らせたい名前などを伝える力が強いことから
長く使われてきており、また、神聖なイメージもあります。

大事に扱われる

神社は、かなり古くから、地域の人がたくさん集まり、願い事をしたり、感謝の祭りをしたりと活気があり、
人々に親しまれてきた場所でもあるため、清い白を使い人々にとっても大切な物として扱われてきています。

祭りでは活気を、初詣では清い気持ちを表現する、重要なグッズでもあります。
規模の大きさを簡単に表すのにも使われていたと言われています。
やはりのぼり旗は数が多ければその分動きも出ますので、活気があるように感じられ
その場を更に盛り上げてくれるツールとなるのです。
上手く使いこなすことで、イベントを盛り上げていきましょう。