のぼり旗の活かし方

選挙ののぼり

選挙に立候補する時は、のぼりを如何に上手く使うかがポイントです。
印象の良い貼り紙をする事ももちろん重要なのですが、そこで他者との差を出すのは簡単ではありません。

有権者たちにとっては貼り紙はやはり紙に過ぎないからです。
それでは、どのようにアピールすれば効果的なのかと言うと、
やはり本人の存在感を感じさせる事が一番です。
選挙のぼり

その時に利用するアイテムがのぼり旗なのです。
本人がいる時に、その付近に、本人がいる事を
伝えるのぼり旗を立てれば、有権者からの注目度は
間違いなく高まります。http://www.atlantisuk.co.uk

のぼり旗のデザインは、印象の強いオリジナルのものに
するのはもちろん、本人の雰囲気や有権者への心意気が伝わるような
暖かい印象を与えるもの良いです。

例えば 郵便局喫茶店フェア献血B級グルメ写真館自動車教習所神社など様々なところで活用できます。

そのためにはまず、イメージカラーを決める事が重要です。のぼり旗のポールと注水台の種類
服の色とのぼり旗の色を合わせるなど統一感を持たせることを意識して下さい。
色で表現

応援してくれるスタッフの服の色も合わせるとさらに効果的です。
そしてそのカラーと合わせたデザインやフォントで立候補者の名前を大きく入れることで
色と名前を合せて覚えるため、意識してもらいやすくなるという効果があります。

情熱を表すのであれば赤、フレッシュさを表すのであれば黄色ののぼり旗を
使用したり、冷静さをアピールするのであれば青でも良いでしょう。

本人のイメージと合わせた色をのぼり旗に使う事で、効果的なアピールに繋がるのです。

のぼり旗は「看板の類」!公職選挙法で定められた選挙活動の決まり

"現在の公職選挙法では、文書図画の掲示について以下の5種類のみが認められています。

街頭演説などで使用するのぼり旗は、「看板の類」にあたりますので、(1)(2)(4)の目的でのみ使用することが可能です。 選挙期間中ではない平常時の政治活動の一環として、選挙の候補者(現職も含む)や後援団体が駅前や道路といった場所で街頭演説など行う姿が見られますが、この場合、候補者などの氏名や、氏名が類推できる事項や後援団体の名称を表示したのぼり旗やたすきなどは使用できません。これは243条で規定されています。 但し、氏名が記載されたのぼり旗でも、選挙カーにくくりつけるなどして設置した場合は(2)の「選挙カーの看板」と見なされるため、選挙違反には問われません。

逆に言えば、候補者の氏名が記載されたのぼり旗やたすき類は、選挙の公示日以降は使用できるということです。公示日は、衆議院議員選挙では投票日の12日前、参議院議員選挙では17日前となっています。候補者の氏名が入ったのぼり旗は、誤って公示日より前に使用しないよう注意が必要です。"